【Superglide レビュー】滑る「はずだった」ガラス製マウスソールを使用して。PTFE100%と比較し違いを紹介!

ゲーミングデバイス

ゲームでマウスを使い続けると、マウス本体は正常に動作していてもマウスソールの劣化により、以前よりも滑らなくなり引っ掛かりを感じたりする事があります。マウス本体の性能も重要ですが、マウスソール1つでプレイスタイルやエイム感度にも大きく影響するとても大事な物です。今回は、人気上昇中のPulsar Gaming Gearsのガラス製マウスソール「Superglide」を紹介します。

Superglide:スペック

同梱物

・ソール
・取扱説明書
・箱
・シール

素材:ガラス製

Superglideの1番の特徴は「ガラス製」です。アルミノケイ酸ガラス製を採用している、強化ガラスとなっています。

耐久性・劣化

強化ガラスは劣化や耐久性に高く、ほぼ永久的に使用できます。この「ほぼ」に付いてですが、ガラスは、経年劣化せずに割れるまで使用できるのが最大の特徴の1つです。そのような事から、小さな傷や割れるまでは、永久的に使用する事が出来ます。異物が一切ない、柔らかいマウスパッド上での使用であれば、強化ガラスのため突然割れるような事はありません。

エッジ加工

エッジ(角)が滑らかに削れている形状をしています。この形状により、マウスを振った際、マウスパッドに対しての引っ掛かりを大幅に軽減してくれます。滑りが悪くなったりするなど、プレイに影響を与えず、思いのままにマウスを振ることが出来ます。このエッジ加工は、柔らかい布製マウスパッドなどで効果を発揮させます。

1週間後:滑らなくなった

【Superglide レビュー】滑る「はずだった」マウスソールを使用して、1週間後の変化。PTFE100% vs Superglide

装着直後はPTFEよりも「滑る」と思っており、製品説明の「ほぼ劣化しない」に目を引かれましたが、実際は違いました。1週間たった今は滑らなくなりました。「ただの勘違いなのでは?」と感じる方もおられるかもしれませんが、ここまで滑らなくなると分かります。動画を見ていただけると分かる通り、全く滑りません。最初の印象は滑るだったのにも関わらず、全く滑らなくなりました。

Superglideを装着したG PRO Wirelessは、使用していない場合は、乾燥ボックスで保管していました。

滑らなくなった原因:推測

使用している方に聞いたりなど調べてみると、自分と同じように感じる方のレビューなどがあり、なんとなくではありますが、理由が分かって来ました。

疎油性コーティング

Confirming Pulsar Superglide mousefeet slowdown dramatically after a week of use. from MousepadReview

他の方の意見では、「疎油性コーティングがされているのでは?」と言う意見もあります。疎油性コーティングとは、スマートフォンなどで使用されており、液晶画面を保護し、液体など汚れが付いても、滑らかに拭き落とすことが出来ます。しかし、疎油性コーティングは時間経過と共に劣化し、すり減っていきます。

これはあくまで推測ではありますが、疎油性コーティングなど、表面に何らかのコーティングがされており、時間の経過とともに劣化し、それが「滑り」に影響しているのではないかと思います。これであれば、納得のいく「滑り」だと感じます。

湿度・静電気の影響

マウスパッドなど、基本的には湿気少ないほど、本来の性能を発揮すると言われますがこのガラスソールは違います。このガラスソールは、湿気が多いほど滑り静電気により更に止まるようです。つまり、湿気に強いマウスパッドと湿気を求めるこのマウスソールでは、相性が最悪です。湿気がない状態でプレイすると、マウスパッドを引きずるように動きません。

サイズの問題

今回私が使用したのは、G PRO Wireless です。G PRO SuperlightにSuperglideを装着してのレビューが目立ちますが、一部のG PRO Superlightユーザーからは、「サイズの問題では?」という意見もありました。実際にG PRO Superlightの上部のマウスソールは大きく、G PRO Wirelessの方が小さいです。一概にサイズの差とは言い切れませんが、 可能性としては起こりうることです。

デメリット:マウスパッドへの影響は?

ガラス製マウスソールは、従来のPTFE製マウスソールに比べて表面の硬度が高く、一週間使用した私のSuperglideは、摩擦係数が高く、マウスパッドの劣化を速めてしまう可能性があります。マウスパッドの素材や種類にもよりますが、基本的な布製マウスパッドの繊維に対して、ガラスで強い抵抗を与えているためです。実際に長期間使用して見ないと分かりませんが、PTFE製に比べて劣化する・ダメージが付きやすくなると推測しています。エッジ加工でなめらから入りをしているので、削ってマウスパッドに穴が開く事は考え難いです。

PTFEから交換する必要はあるのか?

Superglideは、HyperglideやCorepadなどのPTFE製マウスソールとは別物で、性能に大きな違いがあります。HyperglideからCorepadなど同素材のマウスソールであれば、滑りなどに大きな差はなく、扱いやすいです。Superglideのガラス製では、滑りに大きな違いがあり、慣れるまでに一定期間必要となります。また、環境の影響を受けやすく、徐々に滑りが落ちていく事もあります。そのような面では、コントロールに困難を強いられることになります。

まとめ

今回は、Pulsar Gaming Gearsのガラス製マウスソール「Superglide」を紹介しまいした。数週間で、ここまで滑りに違いが出るとは思いませんでした。個人的にこの滑りの違いは、良くも悪くもと言った印象です。初めは、滑りすぎてコントロールに困難を強いられていた半面、滑りにくくなるとコントロールはしやすくなり、手に馴染むようにも感じました。しかし、今以上に滑らなくなるとマウスパッドの表面を劣化させてしまう心配もあります。もう少し使用してみて、何か変化がありましたら、改めて報告させていただきます。

他にも様々なデバイスを紹介していますので、少しでも参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました