自分に合うケーミングマウスパッドの選び方、おすすめ10選。素材やプレイスタイルに応じて選び、最高のパフォーマンスを発揮!

ゲーミングデバイス

PCゲームをプレイする上で、大切な道具の1つであるマウスパッド。マウスパッド1つでマウスの滑りは大きく変化し、プレイスタイルにも大きく影響します。しかし、数多くあるマウスパッドの中から、自分に合う製品を選ぶのは困難です。そこで今回は、自分に合うマウスパッド選びのポイント5つと、使用率が高くプロにも人気なゲーミングマウスパッドを10選紹介します。

マウスパッドの選び方

表面素材

高精度なゲーミングマウスを使用する場合は、スムーズにマウスを動かせる表面の素材や質感の良い物を選び、滑らかな動作を安定させることが重要です。素材は様々で、プレイスタイルに応じて異なります。

繊維の太さや張りに変化を加えることで、マウスを滑りやすくより止まりやすい両方の性能を、バランス良く持っているのが特徴。マウスをより扱いやすくする万能な性能から、ミリ単位の繊細なエイムが必要となるFPSゲームをプレイするユーザーに人気があります。しかし、デメリットとして皮脂などの汚れが付きやすく、汗や湿気の水分を含みやすく環境に左右され、耐久性に優れていない点があります。

ポリエステル

ペットボトルと同じ原料で、それを長く細くして作られた素材。摩擦係数が小さく、初動から快適な滑りができることが特徴です。また、繊維が丈夫で耐久性に優れており、水を弾くような乾きやすさから、汗や湿気などの水分の影響を最小限に抑えてくれます。環境に左右されにくく、一定の性能を保つ耐久性から、プロを含む多くのユーザーに人気があります。

優れた繊維の性質からポリエステルとナイロンによって作られる合成繊維、マイクロファイバーなど合成繊維の素材としても利用されます。

ガラス

劣化や耐久性に高く、経年劣化せずに割れるまで、半永久的に使用できるのが最大の特徴です。布やポリエステルとは異なる滑りで、他とは違うガラスならではの癖のある操作感があります。湿気には強いですが、汗によるべた付いた手や腕の摩擦により、止まりやすくなります。また、汚れが付きにくく、メンテナンス性にも優れており、クリーニングクロスでふき取るだけで綺麗な状態を保てます。

大きさ

自分に合っているマウスパッドでも、マウスを操作する上で十分な大きさでなければ、満足にマウスを操作できません。FPSゲームであれば、自身の振り向きの長さを参考に、ゲームプレイに要求される操作範囲に合わせ、大きさを選びましょう。下記から数多くのゲームタイトル別で、振り向きの計測を行えます。

Captcha

滑り止め加工

白熱するゲームプレイでは、激しいマウス操作を行われることが想定されます。マウスパッド本体がデスクの上で滑り、マウスの操作性を妨げてしまえば、ゲームの結果を大きく左右することになります。マウスパッドの表面の滑りやすさだけでなく、裏面に高いグリップ性能を持つ製品を選ぶのが望ましいです。

価格と品質

 

ゲーミングマウスパッドは、2,000~18,000円程度と価格が大きく異なります。高価な製品ほど、高品質な素材が使用されている傾向があり、それは耐久性にも大きく影響します。趣味を楽しみ続けるためにも、予算内で適切なマウスパッドを選ぶ事も重要です。

プレイスタイル

コントロール系
止めやすい:ミリ単位の繊細な操作向き
・バランス系
滑りと止めやすさの両立:オールランド、幅広い場面で活躍
スピード系
軽い力で滑る:爽快な滑りで素早い操作

ゲームやプレイスタイルによって、マウスが滑りやすくあるべきか、止めやすくあるべきか分かれます。マウスパッドを選ぶ上でのプレイスタイルは、繊細なエイムを重視するプレイヤーには止めやすいコントロール系を、素早いマウス操作に特化したプレイヤーにはスピード系を、全てに適応し幅広い場面で活躍するバランス系3つが主なプレイスタイルになります。

プレイスタイル別のおすすめ

コントロール系

Artisan 零 FX

素材:ポリエステル
サイズ:(S) 24 x 21 / (M) 31 x 24 / (L) 42 x 33 / (XL) 49 x 42 cm
厚み:(MID) 3 / (SOFT)(XSOFT) 4 mm
滑り止め加工:〇

 

硬度スピード止めやすさ移動安定性厚さ(mm)
MID3
SOFT4
XSOFT4

滑り強い止まりの性能を両立させた、ゲーミングマウスパッドの最高傑作。人気が強いQckに対抗するために開発され、それ以上の性能が認められた今では、多くのプロゲーマーに愛用され満足度1位に。4種類のサイズや3種類の硬度まで、幅広く展開しており自身のプレイスタイルに応じ、適切な物を選ぶ事が出来ます。

BenQ ZOWIE G-SR

素材:布製
サイズ:(S) 34.5 x 30.5 cm / (L) 47 x 39 cm
厚み:3.5 mm
滑り止め加工:〇

 

引っ掛かりがある表面により、マウスの滑りをしっかり抑え込んでくれ、ストッピング性能が強い仕上がりになっています。特にミリ単位の繊細なエイムの調整がしやすく、マウスを包み込むように滑りを止めてくれます。激しいマウス操作でも、マウスパッドがズレにくい滑り止め加工が施されており、気兼ねなくプレイに集中できます。SとLの2種類のサイズから選べます。

Vaxee PA Black

VAXEE PA Black_マウスパッド_通常の製品_製品 | VAXEE 日本語 :: 日本
素材: クロスファイバー
サイズ:47 x 39 cm
厚み:3.5 mm
滑り止め加工:〇

 

表面は滑らかな肌触りでありながらも、マウスを滑らせば1つ1つの硬い繊維で受け止めてくれます。ストッピング性能としては、マウスをマウスパッドに押さえつけ、硬く反発性のあるスポンジで、マウスを沈みこませて滑りを止めるようなユーザーに、満足できる製品となっています。激しいマウス操作でも、マウスパッドがズレにくい滑り止め加工が施されており、気兼ねなくプレイに集中できます。

バランス系

BenQ ZOWIE G-SR SE

素材:布製
サイズ:47 x 39 cm
厚み:4 mm
滑り止め加工:〇

 

プロにも人気で、一時期は常に在庫切れで入手困難だった人気マウスパッド。マウスを振った際は、初動から爽快に滑り、素早く振った際の手に感じる重みは感じず、軽い力で滑ってくれます。また、厚みのあるスポンジで、軽めのストッピング性能も兼ね備えています。しっかりと滑り、軽いストッピング性能もあり、どのゲームでも向いている様なオールランドのマウスパッドです。

Xtrfy GP4

素材:クロスファイバー
サイズ:46 x 40 cm
厚み:4 mm
滑り止め加工:〇

 

快適な滑りを行いながら、少し力を加えることでストッピング性能も発揮してくれます。コントロール系とバランス系の中間に位置し、プレイヤーの使い方1つで、コントロール系にもバランス系にもなる印象を与えてくれます。その秘訣は、マウスパッドの柔らかさにあります。常に微細な操作を行おうと力を加えていれば、マウスが沈み込みやすくなりコントロール系に。力を抜いてリラックスした状態であれば、表面の滑らかさでバランス系になります。表面のデザイン性も優れており、絵画のような存在感がデスク上に溢れだします。

X-raypad Aqua Control Plus

素材:ポリエステル
サイズ:(XL) 45×40 / (XXL) 90×40 / (3XL) 120×55 cm
厚み:3 mm
滑り止め加工:△

 

硬いクッション性のあるスポンジにより、安定した滑りを行い、軽い摩擦によるストッピング性能もあるバランスの良いマウスパッド。様々な種類があるX-raypadの中でも、コントロール系とスピード系の真ん中に位置し、様々なゲームに対応できるような操作感があります。コストパフォーマンスが高く、幅広いサイズから選ぶ事ができます。しかし、ラバー製の滑り止め加工のため、ツルツルとしたデスクの表面加工によっては、多少ズレることもあります。

スピード系

Hyper X FURY S – Speed Edition Pro

素材:布
サイズ:(M) 36×30 / (L) 45×40 / (XL) 90×42 cm
厚み:(M) 3 / (L)(XL) 4.1 mm
滑り止め加工:〇

 

スピード系の王道とも言え、Speed Editionと名を付ける程、スピード重視に開発されたマウスパッド。引っ掛かりのない、ツルツルとした表面により、爽快な滑りを楽しめます。肌触りがいい表面素材により、手や腕がマウスパッドに触れても、マウスを思いのままに滑らすことができます。

Artisan 雷電

素材:ポリエステル
サイズ:(M) 31 x 24 / (L) 42 x 33 / (XL) 49 x 42 cm
厚み:(MID) 3 / (XSOFT) 4 mm
滑り止め加工:〇

 

初動から直ぐトップスピードの滑りだしをできるような、マウスを滑らすためのマウスパッド。快適に滑りが可能でありながらも、高い編み生地 (ポリエステル)により、高品質で耐久性があります。また、硬度をMIDとXSOFTの2種類から選ぶ事ができ、沈み込みによるストッピング性能が必要なユーザーにはXSOFTをオススメします。

Artisanには同じスピード系の紫電改もありますが、耐久性が低くコストパフォーマンスが悪いと感じたため、オススメしておりません。

SkyPAD 3.0

素材:強化ガラス
サイズ:30 x 35 / (XL) 40 x 50 cm
厚み:3.7 mm
滑り止め加工:〇

 

強化ガラス製マウスパッド。ツルツルとした表面のガラスにより、自身の力で止めない限り滑り続けるような印象を与えてくれます。従来のマウスパッドの操作感とは違う、癖のある操作感の虜になるユーザーが後を絶たない程滑ります。マウスが浮いているような、エアホッケーをしている感覚を与える程です。

湿気に強い

マウスパッドの1番の天敵は水分であり、空気が水分を含むことである湿気は、マウスパッドの性能に大きな影響を及ぼし、素材によっては劣化を早めてしまいます。お住いの気候や環境により湿気の多さは異なり、プレイしている部屋の湿気が酷い場合、湿気に強いマウスパッドの購入をオススメします。下記に、素材に着目した湿気に強いマウスパッドの選び方を紹介していますので、そちらを参考にしてください。

初心者の方にオススメ

素材:布
サイズ:46 x 40 cm
厚み:3 mm
滑り止め加工:〇

自身のプレイスタイルが全く分からない、PCゲームの1歩目を踏み出す初心者のユーザーにはLogicoolのG640がオススメです。バランス系でユーザーの手に馴染みやすく、自身の得不得意やプレイスタイルを見極めれるシンプルな性能、操作感が掴めていない方には、今後のマウスパッド選びの手助けにもなります。また、Amazonではゲーミングマウスパッドとして売り上げ1位であり、プロの使用率も高い程人気があるマウスパッドです。コストパフォーマンスが高く、初心者からプロまで幅広いユーザーが満足できます。

まとめ

今回はマウスパッドの選び方のポイントを紹介しました。それぞれの素材によって滑り具合が異なり、プレイスタイルに応じて適切な製品を選ぶ事から、ユーザーの長所を伸ばしパフォーマンスを最大限発揮できます。湿気などの環境によっては、性能が左右される優れていない素材もあります。また、大きさも選ぶ上で重視すべきポイントであり、マウスの操作範囲に合わせて選びましょう。自身に合う適切な製品を選び、より高いパフォーマンスを発揮してゲームを楽しみましょう。

この記事が少しでも参考になりましたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました