【Archer TX50E レビュー】初心者でも簡単取り付け!Wi-Fi6・Bluethho5.2対応のPCIe拡張カード

スポンサーリンク
PC

パソコンを使用するのにインターネットは欠かせません。様々なメーカーからゲーミングPCなどが販売されていますが、Wi-FiやBluetoothなどの無線を使用するには、無線LAN子機/PCIe拡張カードを追加する必要があり、その値段は9,000円程度です。無線LAN子機/PCIe拡張カードの値段は、¥4,000~6,000代で購入する事ができ、ご自身で簡単に搭載する事が出来ます。今回は、PCゲーマーにもオススメ出来る無線LAN子機/PCIe拡張カード、「Archer TX50E」を紹介します。

スポンサーリンク

無線LAN子機/PCIe拡張カード とは?

PCIeはPCを使用するのに必要であるパーツ、マザーボードに搭載されています。大抵のマザーボードに、必ずと言っていいほど搭載されています。BTOゲーミングPCであれば、中のパネルを開くと、グラフィックボード(GPU)の下側に搭載されていると思います。PCIeを利用する事で、Wi-Fiアダプターの搭載はもちろん、USBポート数など様々な機能を拡張する事が出来ます。

USBポートのWi-Fi 無線LAN 子機と比較

USBポートタイプのWi-Fi・Bluetooth 無線LAN 子機は、PCIeタイプと比べて安く、搭載方法もUSBに装着するだけと簡単です。しかし、安定性ダウンロード・アップロード速度は、PCIeタイプの方が優れています。回線が重要となるゲームでは、PCIeタイプのWi-Fi・Bluetooth 無線LAN 子機をオススメします。

「Archer TX50E」のスペック

アップロード・ダウンロード速度

※引用元:TP-Link販売ページより

最大速度は、5GHzで2402Mbps、2.4GHzで574Mbpsと十分な性能を兼ね備えています。

速度が速い早いインターネット回線を提供していることで人気なNURO光では、最大20000Mbps(2Gbps)のため、この「Archer TX50E」で最大限まで利用する事が出来ます。

5GHz、2.5GHzとは? 
無線電波の帯域のことです。
5GHz: 高速な通信が可能ですが壁などの障害物に弱く、ルーターとの距離が遠ければ電波が届きません。
2.5GHz: 電波は遠くまで届きますが、5GHzに比べて通信速度が遅いです。

Bluetooth5.2対応

Bluetoothにはバージョンがあり、Bluetooth5.2が最新バージョンです。Bluetooth5.2は、以前のバージョンであるBluetooth4.2に比べて、転送速度は2倍ほど早くなり、通信可能範囲は4倍ほど拡大しました。つまり、Bluetooth5.0に対応している事で、より早く・遠くまでワイヤレスデバイスを接続する事が出来ます。

WPA3対応

WPA3とは最新の暗号化方式であり、WPA、WPA2では暗号化の強度が弱く解読され、結果として情報漏洩に繋がってしまいます。そのため2018年中旬以降は強度が高いWPA3の使用が進められています。

人気の理由:コストパフォーマンス

他社の大手メーカーの無線LAN子機/PCIe拡張カードは、1万円以上する事があります。Amazonなどでは、他にも安い海外メーカーの製品が販売されれていますが、動作の安定性や性能スペックはTP-Link製品に劣っています。また海外製品の場合は、正常に動作・接続されなかった場合の問い合わせが困難です。TP-Linkは、カスタマーサポートが充実しており、電話やメールからお問い合わせを行う事が出来ます。

TP-Link製品である「Archer TX50E」は、値段・性能・カスタマーサポートを踏まえ、他社の製品を上回っているため人気があります。

取り付け・導入方法

1.PCIeの位置の確認・ケーブルを本体に接続

 

パソコンの背面パネルを開けると、沢山のパーツが装着されています。多くのパソコンでは、左下のグラフィックボードの下にPCIeがあります。HDMIやDPI、LANケーブルを接続するパソコンの側面に、PCIe拡張カードを取り付けるスペースがある事を確認しましょう。

次にケーブルを本体に接続しましょう。上下の位置に注意し、ケーブルを差し込みます。

2.PCIeに取り付ける

PCIeの位置を確認し、上から差し込みます。差し込む際に、左側のPC側面に注意しましょう。

3.ケーブルの接続

次にケーブルを接続します。マザーボードの種類にもよりますが、説明書に記載されている通りの場所に接続します。基本的には、「JUSB」とプリンとされている場所などに接続します、

4.アンテナの取り付け

PCIeに取り付けた後は、2本のアンテナを取り付けます。右回り(時計回り)に回すことで、取り付けます。

5.ソフトをインストール

Archer TX50E」を取り付けた後は、ドライバーをインストールします。ダウンロードはこちら。ダウンロード後は、ファイルを開きインストールを開始します。

インストール後は、Wi-Fi・Blutoothを使用出来ていることを確認してください。

好みの場所にアンテナを!:「Archer TX3000E」もオススメ

Archer TX50E」と「Archer TX3000E」のスペック・取り付け方法はほぼ同じです。大きな違いはアンテナ部分にあります。「Archer TX50E」は、アンテナをパソコンの後ろ・側面に取り付けますが、「Archer TX3000E」は、ケーブルでお好みの場所にアンテナを接続できます。スタンドは磁石になっており、PCケースに直接貼り付ける事も出来ます。

後ろのケーブルの整理をしたい方には、アンテナの取り付け場所を選ばない「Archer TX3000E」がオススメです。

まとめ

今回は、「Archer TX50E」を紹介しました。PCIeに取り付け、ドライバーをインストールするだけでWi-Fi・Blutooothを使用する事が出来ます。取り付け方法も特に難しくないため、初めての自作PCを組む方や、BTOゲーミングPCでWi-Fi・Blutooothを使用したい方にオススメです。無線LAN子機/PCIe拡張カードの中では、かなりコストパフォーマンスが高いので、是非ご購入の検討をしてください。

この記事が少しでも参考になりましたら幸いです。

【TP-Link :Archer AX4800 レビュー】1万円で最大速度4324Mbpsの高コスパ多機能ルーター
日常に欠かせない存在となっているインターネット、データダウンロードなどの読み込みにいつまでも時間が掛かってしまうとストレスを感じる方も少なくはないと思います。今回は今注目を集めているコストパフォーマンス抜群の多機能ルーターTP-Link製の...

コメント

タイトルとURLをコピーしました