Valorant: プロ御用等、FPSを4倍に上げる設定

ゲーム

最近はValorantが面白すぎてやめられず、のんびりしながら自宅待機を楽しんでいます。今回は私がオススメする有利に戦う為の設定を紹介します。

目的

・FPSを上げる

・敵を見やすくする

・弾が透けるのを防止

重要:最大FPS値を設定しよう!

※画像をタップすると高画質化されます。

せっかくの高性能なモニターでもFPS値が低くては意味がありません。初期設定では最大のFPS値が60となっています。自分が必要とする値に設定しましょう。私の場合は144hzモニターで最大FPS値を余裕を持って160にしています。

Setting」に行き、「General」を選択してください。そこでメニュー画面やプレイ中のFPSを設定できます。

グラィックを軽くしよう

※画像をタップすると高画質化されます

 プレイ中にFPSが安定せず、撃ち合っている最中に140FPSを下回る方などは少なくないと思います。そういう方はグラィックの設定を少し落としてみましょう。

こちらは海外の多くのプロの方が行っているFPSを上げるための軽量設定です。「Anti-Aliasing」に関しましては、オフに選手の方もいれば、「MSAA 2x」 や 「FXAA」を選択している選手もいます。高画質設定から低画質(軽量)設定にすると、画質がかなり変わり違和感があるかもしれませんが、3日もすれば全く気にならなくなります。

マップ、「Spilit」でプレイするとFPSが安定しないことが多々あります。恐らくマップの不具合?

FPSカウンター、回線速度メーターを表示しよう

 

※画像をタップすると高画質化されます

 現段階ではGeforceのFPSカウンターが表示されない為、ゲーム内の設定から表示させる必要があります。

カウンターには左から、Hide = 非表示、Text Only = 数字のみ、Graoh Only = グラフのみ、Show Both = 数字とグラフを表示、の4種類があります。

      1. FPSカウンター
      2. サーバーがゲームを更新する頻度(鯖の重さ)
      3. 全てのフレームタイム
      4. CPUに対するフレームタイム (負荷)
      5. GPU(グラボ)に対するフレームタイム(負荷)
      6. 回線速度(PING)
      7. パケットロス(受信の正常性)

基本的には1番のFPSカウンターと6番の回線速度の表示くらいで大丈夫です。

クロスヘアを固定する

撃ってる際のクロスヘアの固定は「Firing Error」をオフにすれば大丈夫です。動いた際のクロスヘアの広がりは「Movment Error」をオフにする事で固定されます。観戦中のプレイヤーのクロスヘアを見たい場合は、「Show Spectated Player`s Crosshair」をオンにすることで適応されます。

初心者にオススメ、リコイルがしやすくなるクロスヘア!

【解説】完全合法!ゴールド帯から抜け出す為に必要なリコイルコントロール 補助輪クロスヘア付き【VALORANT】

まとめ

今回はValorantのビデオ設定をプロの方の設定を参考に紹介してみました。プロの方でもビデオ設定にばらつきがありますが、基本的に「Low・低」を設定しているプレイヤーが多く見られました。高スペックのPCでもFPSがなかなか安定しなかったりするので、少しでも早く敵を視認する為に軽量設定にすることをおすすめします。分からな事がありましたら、TwitterのDM、もしくはお問い合わせホームからのご連絡をお願いします。楽しいゲームライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました