【Apex Legends】回線は良いのにPINGが高い?ラグを改善する方法

ゲーム

最近私のTwitterで「回線が良いのにAPEXのPINGが非常に高い」っという方を何人か見ます。今回はPC版のAPEXだけPINGが高い方を救済するため、いくつかの方法をご紹介します。

※PCの故障などに大きな影響を与えませんが全て自己責任でお願いします。今回は回線を良くするのではなく、回線が良好な状態でAPEXだけPINGが高い方が対象となっています。

DNSサーバーのアドレス変更

自分に適しているDNSサーバーのアドレスを確認

コマンドプロンプト」を開きます。

・見つからない場合

※画像をクリックすると拡大化されます。
キーボード左下の「Windowsキー」を押し、「ここに入力して検索」というところに「コマンドプロンプト」と入力します。

※画像をクリックすると拡大化されます。

開いたら「ping 1.1.1.1」と入力し、pingが表示されます。

次に「ping 8.8.8.8」と入力し、先ほどと同じくpingが表示されます。

ここで平均値が低い方を選びます。私の場合はどちらも大きな差はないので「1.1.1.1」を選びます。

DNSサーバーのアドレスを設定

ネットワークの接続設定の表示」を開きます。

・見つからない場合

※画像をクリックすると拡大化されます。
キーボード左下の「Windowsキー」を押し、「ここに入力して検索」というところに「ネットワークの接続設定の表示」と入力します。
※画像をクリックすると拡大化されます。
LANケーブル・有線でインターネットに繋いでいる場合は「Ethernet」を、WI-Fiで接続している場合は「Wi-Fi」を右クリックし、「プロパティ」を開いてください。
※画像をクリックすると拡大化されます。
その中から「インターネットプロトコル バージョン4(TCP/IPv4)」を選択し、左下の「プロパティ」をクリックします。

※画像をクリックすると拡大化されます。
次に下の「次のDNSサーバーのアドレスを使う(E):」を選択し、「優先 DNSサーバー(P)」に先ほど数値が良かった方を入力してください。
1.1.1.1」 もしくは「8.8.8.8
最後に「代替 DNSサーバー(A)」に先ほど「1.1.1.1」を選んだ方は「1.0.0.1」と入力します。
「8.8.8.8」を選んだ方は「8.8.4.4」と入力し、「OK」を選択してください。

 

ポートの設定を見直す

セキュリティが強化された Windows Defender ファイアウォール」を開きます。

・見つからない場合

※画像をクリックすると拡大化されます。
キーボード左下の「Windowsキー」を押し、「ここに入力して検索」というところに「セキュリティが強化された Windows Defender ファイアウォール」と入力します。

※画像をクリックすると拡大化されます。

受信の規則」を選択し、「新しい規則…」をクリックします。

初めにAPEX Legendsのポートを確認します。今回はこちらのサイトを参考にします。

TCP・IP設定

 

※画像をクリックすると拡大化されます。

上の画像の様なのが表示されるのでまず、「ポート」を選択し、「次へ

そして「TCP」を選択します。そして「特定のローカルポート(S):」を選択しAPEX Legendsのポートを入れます。

・Origin版「1024-1124,3216,9960-9969,18000,18060,18120,27900,28910,29900

・Steam版「27015-27030,27036-27037,1024-1124,3216,9960-9969,18000,18060,18120,27900,28910,29900

※画像をクリックすると拡大化されます。

入力後は「次へ」を押し、「接続を許可する(A)」を選択し「次へ」をクリックし、「ドメイン」「プライベート」「パブリック」の3つ全てにチェックが入っている事を確認し「次へ」をクリックします。最後に名前を入力します。ここでは「Apex Legends」と入力し「完了」を押します。

UDP・IP設定

次はUDP・IPも同様に設定します。

※画像をクリックすると拡大化されます。

受信の規則」を選択し、「新しい規則…」をクリックします。「ポート」を選択し、「次へ

※画像をクリックすると拡大化されます。

そして「UDP」を選択します。そして「特定のローカルポート(S):」を選択しAPEX Legendsのローカルポートを入れます。

・Origin版「1024-1124,18000,29900,37000-40000

・Steam版「4380,27000-27031,27036,1024-1124,18000,29900,37000-40000

-以下同様-

入力後は「次へ」を押し、「接続を許可する(A)」を選択し「次へ」をクリックし、「ドメイン」「プライベート」「パブリック」の3つ全てにチェックが入っている事を確認し「次へ」をクリックします。最後に名前を入力します。ここでは「Apex Legends」っと入力し「完了」を押します。

DNSキャッシュをクリア

簡単に説明しますと、ここでは「先ほど設定したのを適用する」っといったイメージで大丈夫です。

コマンドプロンプト」を開きます。

そして「ipconfig /flushdns」を入力し完了です。

まとめ

今回はAPEXのPINGを改善する方法をご紹介しました。ちょっとした技術と手間がかかりますが、これで大きく改善された方もいるようです。万が一今回の設定で不具合が起きた場合や改善されなかった場合は1度設定前の状態に戻すことをオススメします。この記事が少しでも参考になりましたら幸いです。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました