【Norton】有料セキュリティソフトの必要性とは?Windows Defenderと比較して必要・不必要を用途別で解説

スポンサーリンク
PC

最近はテレワークやオンライン授業になり、パソコンを新たに買う人が増えてきました。せっかく買ったパソコンを少しでも長く使いたい、そんな時にパソコンウイルス(マルウェア)の対策に不安を持つ方は少なくはないと思います。今回は、有料セキュリティソフトの必要性を使用用途別で、Windows標準搭載の「Windows Defender」と比較して紹介していきます。

スポンサーリンク

セキュリティソフトは必要?

結論から言いますと、Windwosを使用している方は、Windows標準搭載のセキュリティソフト「Windwos Defebder」が既にインストールされています。ウイルスにパソコンが感染してしまうと、大切なデータが削除や情報窃盗など、最悪の場合はパソコンが起動しなくなってしまいます。やっかいな事にウイルスは様々な形でパソコンに感染し、パソコンを使う上でセキュリティソフトなしで避ける事はほぼ不可能です。

Windwos Defebderの性能

Microsoft Defender – Win-ISO

Windows DefenderはWindows標準搭載のセキュリティソフトで、無料のセキュリティソフトとしては非常に高い性能を兼ね備えています。ベンチマーク(調査)では、Windows Defenderと他社のセキュリティソフを比較した際、ウイルス(マルウェア)の検出率はどちらも99%という結果になりました。ウイルスは毎日新たに数千件以上のウイルスが生まれ、この残り1%の約10件は、有料のセキュリティソフトでも検出するのが困難です。この様な点からWindows Defenderでもウイルス対策は十分と言えます。

なぜ有料セキュリティソフトを勧めて来るのか?

・当時のWindows Defenderの性能

Windows 7 のサポートは2020年1月14日で終了しました - あいコムこうか

数十年前、搭載されたばかりのWindows Defenderは、セキュリティソフトとして十分とは言い難い性能でした。その数十年前の性能のイメージがある方にとって、「Windows Defenderでは無意味」と言う主張は分からなくはないです。しかし、あれか十年も経過しスマートフォンが普及しました。今では技術力も大きく成長し、現在のWindows Defenderは、有料セキュリティソフトと同等レベルのウイルス(マルウェア)検出性能を兼ね備えています。

・収益目的

一部のサイトや家電量販店では極度にWindows Defenderの性能を否定し、有料セキュリティソフトの購入・インストールを勧めて来ます。理由としては、お客様が有料セキュリティソフトを購入した還元率・アフェリエイトの報酬率が高く、平均では約3割程度をアフェリエイト報酬として紹介者に入ってきます。家電量販店やパソコン会社などでは、有料セキュリティソフト制作会社から一部報酬を得ているなど、本来必要ではないユーザーに対して、収益目的で有料セキュリティソフトを強く勧めている所が一部あります。

有料セキュリティソフトの本当の必要性

Windowsにはセキュリティソフト「Windwos Defender」が既にインストールされていますが、追加でセキュリティソフトを購入・インストールする必要があるのでしょか?

先ほど記載した通り、Windows Defenderと有料セキュリティソフトのウイルス対策としての性能に大きな違いがありません。有料セキュリティソフトに求められるのは、更に前もってウイルスを感知する機能や検出されなかったウイルスへの対処法です。

以下に該当する使用用途に当てはまる方は、追加でセキュリティソフトをインストールする事で、より安心してパソコンを使用することができます。

・パソコンの知識が特にない

このパソコンの知識がないと言うのは、ソフトをインストールする際に分からず「Yes」や「次へ」をクリックをポンポン押してインストールする方や、ファイルやソフトを特に調べずにインストールする方です。ウイルスの多くはソフトやファイルに混入しており、インストールを行うと気づかないうちにパソコンへ感染してしまいます。

・見知らぬ怪しいサイトの閲覧やファイルをインストールする方

大手ゲーム会社の公式サイトで配布されているゲームや追加コンテンツには、ウイルスが混入している事は少ないですが、ネットで無料配布されているMODなどの追加でインストールするファイルには、ウイルスが混入していることがあります。

また、見知らぬ怪しいサイトを閲覧した際、ファイルをインストールするように促され、知らぬ間に自らウイルスに感染してしまうこともあります。

・ファイルのやり取りを頻繁に行う

メールなど添付されたファイルにウイルスが混入しており、そこからウイルスが感染することがあります。最近のウイルスは見ただけでの判断は非常に難しく、一見なんもないWordやExcelのファイルに混入している事もあります。

・外部に漏れてはいけない情報(社内の機密や顧客情報)

社内の機密情報や顧客情報などをパソコンに保持している方は、Windows Defenderでは少し物足りない気もします。しかし、そのような情報は個人でパソコンを準備せず、基本的に社内PCを利用されるので、個人事業主以外の方は問題ないです。

・金融取引

高額な金融取引を行う方にとって、パスワードや取引情報は人生を大きく左右するとても重要な情報です。情報窃盗が行われるトロイの木馬などのウイルスが存在し、Windwos Defenderでは対象が遅れてしまうケースがあり、自動化された瞬時の対処であれば有料セキュリティソフトの方が速い印象です。

2017年に大事件も

2017年、世界的に広がったウイルス「WannaCry」は多くの人々の生活に影響を与えました。このウイルスに感染してしまったパソコンはデータを人質に取られ、身代金を要求されました。また、身代金を払ってもデータが戻ってこないケースも相次ぎ、金融、医療機関などに大きな影響を与えました。

世界売上シェアNo.1: ノートンが選ばれる理由

・ウイルスへの防護力が最高評価
・動作が軽い
・複数台のパソコンで使える
・60日間の返金保証
・手厚いサポート

性能

ウイルスやオンラインからの攻撃を保護、不正な個人情報(パスワード、クレジットカード情報)の流出を防ぐなど、あらゆる機能の性能が高く、セキュリティソフトとしての評価は、最高の「AAA」評価を得ています。また、世界最大規模のセキュリティ専門家チームがおり、分析や技術研究所を行い、全世界のネットワークを24時間360日で監視している為、新型のウイルスでもより素早くパソコンを保護してくれます。

動作:処理速度の影響

セキュリティソフトが重いとパソコンの動作が安定せず、処理が遅くなります。しかし、ノートンは第三者機関のテストでは11年間連続、「最も動作が軽い」という評価を得ています。ノートンも軽さを強みとしているので、アップデートで動作が重くなる心配もありません。ゲーム中に「Norton」をオン・オフを比較しましたが、特にFPS(フレームレート)等や処理速度に大きな影響はありませんでした。

複数台のパソコンで使える

デバイスごとにそれぞれセキュリティソフトを購入する必要が無く、他のパソコンやスマートフォンに導入する事が出来ます。プランごとに利用可能なデバイス台数は決まっており、最大5台まで利用できます。

安心の60日間の返金保証

「性能に満足いかない」など、どんな理由であっても購入から60日間以内であれば返金保証が簡単に行えます。購入を検討中の方は、まずNortonの性能・サービスを体験して、不満や必要性を感じられない場合は、返金保証を利用する事も出来ます。

サポート

お使いのデバイスでNortonセキュリティソフトがうまく起動しないなど問題が発生した場合、電話やチャットから簡単に問い合わせを出来る事が出来ます。私は何度かお世話になっており、スムーズに問題を解決することができ、サポートもトップレベルを名乗っていいほどです。

プランの選び方

1台

・ノートン アンチ ウイルスプラス (3,980円)

・ノートン 360 スタンダード (4,280円)

この2つがオススメです。この2つの違いはオンライン上で保存できるデータの違いです。重要なデータを取り扱う方はノートン 360 スタンダードをオススメします。1年版のみとなってします。

※ノートン 360 スタンダードの3年版がamazonで限定販売されています。

2~3台

ノートン 360デラックス (5,480円)

1つ購入するだけで最大3台までノートンセキュリティを使用できます。オンライン上で保存できる量も25GBと十分な容量があります。最長3年版まであり、毎年更新する必要はありません。

4台以上

・ノートン 360 プレミアム (6,480円

1つ購入するだけで最大5台までノートンセキュリティを使用できます。オンライン上で保存できる量も50GBと十分な容量があります。最長3年版まであり、毎年更新する必要はありません。

購入方法

-公式サイト-

上の画像をタップすると公式サイトへ行きます。ご希望のプランを選択し購入してください。

Amazon

・ノートン アンチ ウイルスプラス

・ノートン 360 スタンダード (3年版:Amazon限定)

 ・ノートン 360 デラックス

まとめ

今回はWindows標準搭載のセキュリティソフト「Windows Defender」と、有料セキュリティソフトでは人気No.1を誇る「Norton」」を紹介していただきました。有料セキュリティソフトを購入する場合は、自身の使用方法では本当に必要かどうかをしっかり見極めた上で判断する事をオススメします。もし「Norton」を購入して少しでも不満や必要性を感じられない場合は、期間内の返金処理を行いましょう。自分に合ったプランを選択して楽しいインターネットライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました