【コスパ最強】予算10万円で作るゲーミングPC: intel

PC

今回は以前紹介した「【コスパ重視】予算10万円で作るゲーミングPC: AMD」に続いた第2弾モデルを紹介します。第1段ではCPUをAMD製品を使っていましたが、今回はintel製品を使います。intelが最新CPUを発売したことにより、相場が変動したためです。外出しづらい時期だからこそ「低価格でPCゲームを楽しみたい」そんな方の参考になればいいなと思ってます。

目的: コスパが良く、長く使えるPC

自作PCのメリット
・BTOパソコンよりも安い
・カスタマイズが簡単
自作PCのデメリット
・自分で組み立てする為、少し手間がかかる(簡単)
・壊れた際に自分で直す(簡単)

パソコンの使い方が少し分かる方ならほぼ問題ないです。あとはやっていけばなぜか勝手に詳しくなります。

CPU

Core i5:10400F

CPUは人間でいう「脳」に当たる部分です。以前はRyzen5 3600を紹介していましたが、今回はCore i5:10400Fを使います。Ryzen5 3600は25,480円ですが、Core i5:10400Fは17,615円っと約8,000円も安いです。CPU性能などが分かるベンチマークを見ると、Ryzen5 3600の方がCore i5:10400Fよりも微妙に上ですが、ゲーム用途で使用するとCore i5:10400Fの方が少し高いスコアが出ています。このことから、ゲームシーンではシングルコアが重要となってくるようです。

※更に詳しく知りたい方は公式サイトや比較ページを見てください。

CPUファン

虎徹 Mark II

created by Rinker
サイズ
¥3,690 (2021/09/28 19:10:50時点 Amazon調べ-詳細)

CPUは発熱する為、冷却用のファンが必要となります。今回はサイズの人気CPUクーラー、「虎徹 Mark II」を使用します。この製品はコスパ最強でとにかく安くて良く冷えます。音もかなり静かで、メンテナンスや取り付けも簡単な為、選ぶのに迷ったらこれ一択っと言っても過言ではないでしょう。

CPUグリス

Kryonaut(通称:熊グリス)

CPUグリスは簡単に言うと粘土みたいな物で、CPUとCPUファンの間に挟み、CPUの熱をCPUファンに送り、より効率よく熱を逃す役割を果たします。CPUグリスは重要で、CPUの温度が20度の差も生まれる事もあります。Kryonautは有名高性能グリスの1つで、高い温度でも十分に熱をCPUファンに伝えてくれます。

GPU

GTX1660 Super

 

GPUは簡単に言うと表現力。映像の処理を行うもので、ゲームなどでは重要となるパーツです。グラフィックボードにはGeforceのRTXやGTX, AMD Radeon のRxなど様々な種類があります。この中で今一番コスパが良いとされているのがGTX 1660Superとなります。上位グレードのGTX1080やRTX2070~などがありますが、ゲームを超フル画質でやる事はないので、現段階ではGTX1660 Superで問題ないでしょう。144 FPSもでればOKです。

メモリー

オススメはCORSAIR DDR4-2666MHz(16GB)

メモリーは良く「机の広さ」として例えられます。ゲームをする方であれば16GBだと、ゲーム中に検索したり攻略サイトを見ても固まりません。8GBだと少し足りない気もするので基本的には16GBが良いでしょう。

メモリーを安く買うには?

CPUとメモリーをセットで買うと安くなることがあるのですが、安いメモリーだと簡単に壊れてしまったりします。私はCorsairのメモリー(32GB)を基本使っていますが壊れたことは今の所ありません。

ストレージ(容量)

ストレージは簡単に言うと「カバン」です。ストレージが大きければ大きいほど沢山のファイルが入ります。ストレージにも種類があり

読み込み速度 価格
M.2 SSD 速い、最強 高い
SSD HDDに比べ速い 中間
HDD 遅い 安い

M.2 SSDはとにかく読み込み速度が早いので、OS(Windows10)をそこに入れる事によって、パソコンの立ち上がりも直ぐに行えます。

created by Rinker
SanDisk
¥11,090 (2021/09/28 12:39:38時点 Amazon調べ-詳細)
Western Digital HDD 2TB WD Blue PC 3.5インチ 内蔵HDD WD20EZAZ-RT 【国内正規代理店品】
WESTERNDIGITAL

私のおすすめは M.2 SSD (250GB) と SSD (1TB) の組み合わせ。 もしくは M.2 SSD (250GB) と HDD (2TB) の組み合わせです。ストレージは後からでも簡単に追加できるので、様子見でいいと思います。

HDDは1TBと2TBの価格の差がほぼないので、お得な2TBを買うべき!

マザーボード

マザーボードは簡単に言うと「神経」です。主にATX, Mini-ATXなどの種類があり、今回はMicro-ATXのマザーボードにしました。こちらは有線接続のみに対応しており、bluetoothとWi-Fiは使用できません。しかしご安心ください、次に行きます。

無線LAN カード

Wi-FiやBluetoothが必要な方は、これで機能を拡張する必要があります。取り付けは簡単で、特殊な設定もなく誰でも簡単に使えます。電波もかなり広範囲で受信できるため、私も愛用しています。

電源

電源はとても重要です。オススメはこちらの2つの550wですが、価格に大きな差があります。この差は電力変換効率の性能です。スタンダード<ブロンズ<シルバー<ゴールド<プラチナ<チタンとい種類があり、上のANTEC製電源はブロンズで、下のCorsair製の電源はゴールドです。私はゴールドを使っていますが、お財布と相談しながらお選びください。

ケース

created by Rinker
Thermaltake
¥3,109 (2021/09/28 12:39:36時点 Amazon調べ-詳細)

コスパ最強PCケースメーカーと言えば、Thermaltake。ほんといつもお世話になっています。こちらのモデルは中がアクリルで見えるため、カッコいい見せるPCを作りたい方にもオススメです。

OS: Windows 10 Home

Amazonだとかなり高いです。価格.comなので最安のお店で購入しましょう!!
価格.COM: Winows 10 Homeを見る

合計価格

(02/08/2020調べ)

商品名 価格
CPU:Core i5:10400F 17,615円
CPUファン: 虎徹 Mark II 3,864円
CPUグリス: Kryonaut  719円
GPU: GTX1660 Super 32,000円
メモリー: DDR4-2666MHz(16GB) 8,281円
ストレージ: M.2 SSD(250GB) 6,848円
ストレージ: HDD(2TB) 6,688円
マザーボード: ASRock B460 9,973円
無線カード 5,742円
電源: ANTEC 550w 5,282円
ケース: Thermaltake Versa H26 2,936円
OS: Windows10 Home 12,480円
合計(税込み) 112,428円

えっ、安すぎる..

Wi-FiやBluetoothを使わない場合は無線カードが必要ないため、10万円代で組む事が出来ます。カスタマイズ製も踏まえ、ミドルスペックでこの価格であれば十分すぎるでしょう。

まとめ

DパラやP工房で買うBTOパソコンよりもかなり安く、良いパソコンが仕上がると思います。今回紹介した組み合わせ以外にも多くの組み合わせがあるので、自分の使用用途に合った自作パソコンパーツを選びましょう!

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました